なつおの部屋 携帯資料室

アニメーション
 機械加工に関するアニメーションを載せてあります。

 個人で利用される場合は持ち帰ってご使用下さい。

 1.  加工機械と加工方法等
 1 グラインダー 

 バイト等刃物を研削するのに使用します。
 2 平面研削盤

 平面度を高精度に仕上げる機械です。
平削り盤

 プレーナーとも言われテーブルに往復運動与え加工物を平らでなめらかにする機械として知られている。
 送りはバイトを横方向に送る。 
 4 横MC

 段取り替えせず、複数の刃物を使用して、多面の自動運転ができます。
 5 立て形帯ノコ盤

 別名コンターマシンともいい型等の輪郭を切り抜くのにも使われる。

ラジアルボール盤

 比較的大物のドリル加工に便利です。
 7 汎用旋盤 

 まる物の加工に適しています。
 8 正面旋盤

 大きな面盤が主軸に取り付けられた旋盤で直径が大きく長さの短い工作物の切削に用いられる
 9 立てMC

 一面加工を段取り替え無しで複数の工具を使用して自動運転が可能です。 
 10 汎用の横中ぐり盤

 一寸大きめの箱物等の加工に向いています。
 11 ベルト掛ケ段車式旋盤

 電動機直結旋盤が出る前の主力旋盤でした。
 12   正面フライス

 主に面加工に使用する。
 13   ミーリングチャック

 主い溝加工等で使用されるエンドミルを掴む。
 14   ドリルチャック
 
 穴明けに使用するドリルを銜えるチャック。
 15   タッパー 

 雌ねじをタップで立てるタっプを加える。
 16   ボーリングバー
 
 穴を拡大するボーリングバ−
 17   ダウンカット

 通常使用される加工方法。
 18   アップカット

 刃の寿命がダウンより短いが送り系統にガタがある場合に使用される。
 
 19   フライスの平面削り。

 ここでは主軸が移動します。
 20   エンドミルの溝加工。

 ワークを前後左右に動かす事により輪郭形状の溝を入れる事が出来ます。
 21  切削の最前線(超スロー)

 升目は被作材(加工される金属)右の青色はバイトの刃先。
 22    切削の最前線2

 被削材は刃先との圧力である一定間隔でせん断されながら表面を切削して削り取り続けます。
 23    切削の最前線3
 
 せん断面による発熱とせん断された切粉がバイトのすくい面を流動する事による摩擦熱が刃物の硬度を軟化させすくい面等を摩耗させます。
2. 測定器具  
 1 3次元測定機

 色々な測定具を使わずこれ1台で殆どの測定ができます。
 2 ハイトゲージ

 定盤上で使用するもので段差の測定やケガキ等に使用され、ダイヤルゲージとハイトマスターを供用すると高精度の測定が出来ます。
 3   面粗度計

 加工された切削表面の凹凸の高さ等を図ります。
 4 輪郭形状測定機

 外観形状の測定ができます。
 5 円形プラグゲージ

 栓ゲージとも言われ径の小さい側(通)が穴底迄入り又は貫通し、大きい側(止め側で赤印側)が入らなければその穴はこのゲージの呼び寸法に適合していると判断します。
 6 外測マイクロメータ

 厚みの測定。
 7 外パス

 外径等を測るのに使用されます。
 8 内パス

 内径を測定するのに持ちいられます。
 9 ネジ深さゲージ

 標準ネジゲージの通に深さ測定用の目盛りが付いています。
 10 てこ式ダイヤルゲージ

 ピックテストとも言います。
 11   ノギス

  測定様子。
 12   板はさみゲージ

 まる材の検査に便利です。