なつおの部屋 携帯資料室

 普通公差(JIS B 0405-1991)
   長さ寸法及び角度寸法に対する普通公差

● 1.面取り部分を除く長さ寸法に対する許容差
    (mm) 
   精密級
(f)
中級
(m) 
粗級
(c) 
極粗級
(v) 
 0.5以上
3以下
 ±0.05 ±0.1  ±0.2  − 
 3を超え
6以下
 ±0.05 ±0.1  ±0.3  ±0.5 
 6を超え
30以下
 ±0.1 ±0.2  ±0.5  ±1 
 30を超え
120以下
 ±0.15 ±0.3  ±0.8  ±1.5 
 120を超え
400以下
 ±0.2 ±0.5  ±1.2  ±2.5 
 400を超え
1000以下
 ±0.3 ±0.8   ±2 ±4 
 1000を超え
2000以下
 ±0.5 ±1.2  ±3  ±6 
 2000を超え
4000以下
 − ±2  ±4  ±8 
   精密級
  (f)
 中級
 (m) 
 粗級
 (c) 
 極粗級
 (v) 
※ 0.5未満の基準寸法に関しては、その基準寸法
  に続けて個々に指示する。    




● 2.面取り部分の長さ寸法(かどの丸み及び
     角の面取り寸法)に値する許容差(単位mm)    
   精密級
(f)
中級
(m) 
粗級
(c) 
極粗級
(v) 
 0.5以上
3以下
±0.2 ±0.4
 3を超え
6以下
±0.5 ±1
 6を超える
もの
±1 ±2
    精密級
(f)
 中級
 (m) 
 粗級
 (c) 
 極粗級
(v) 
※ 0.5未満の基準寸法に関しては、その基準寸法
  に続けて許容差を個々に指示する。 

図面って、どない描くねん!第2版 現場設計者が教えるはじめての機械製図 [ 山田学 ]

価格:2,376円
(2017/8/19 19:46時点)
感想(0件)


● 3.対象とする角度の短い方の辺の長さ
    (単位mm)の区分 
   精密級
(f)
中級
(m) 
粗級
(c) 
極粗級
(v) 
 10 以下  ±1°  ±1°30′ ±3°
 10を超え
50以下
±30′ ±1°  ±2°
 50超え
120以下
±20′ ±30′ ±1° 
 120を超え
400以下
 ±10′ ±15′  ±30′
 400超える
もの
 ±5′ ±10′  ±20′
※ 角度の単位で指示された角度寸法に適用されま
  すが、多角形などで慣習として角度が記入され
  ない場合にも適用されます。


● 図面上の指示
    この規格を適用する場合は、表題欄の中又はそ 
   の付近に下記例のようにその等級を指示する。 
   例 JIS B 0405-m